年末の大掃除に込められた意味

年の瀬のデパート
年の瀬のデパート

今年もあとわずかとなりました。

デパートではクリスマスムードから一転、

鏡餅やしめ縄など

正月グッズ

が多く見受けられます。

正月を迎えるにあたり、行わなくてはいけないのが、

大掃除。

自分の家を綺麗にして、新たな気持ちで新年を迎える

ために必要なこと。

だけど、

寒いし、面倒くさいなあ

自分の家だし別にいいや

なんて、思います。

でも、

そもそも、大掃除は、

神様を迎え入れるための準備

なんです。

そもそも、正月というのは、

年神様という新年の神様を迎え入れるためのものです。

門松もしめ縄もそう。

門松は、

神様が迷わず家に来ていただけるような目印

になるもので、

しめ縄は、

神様を祭るのにふさわしい神聖な場所

を意味します。

そう考えると、年末に行う家の中の大掃除

隅々まで綺麗にしたら、

なんか、いいことが起こりそうな感じ

がしてきました。

気合を入れて、大掃除やっていこう!!

↓コメントよろしくお願いします

フォローと拡散 よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です