どこから始める介護のソナエ

老人ホームの選び方について学びました。

現在、老人ホームは様々な種類があります。

将来のことを考えて、

至れり尽くせりの、

介護付きの老人ホーム

に行きたがる人が結構いるらしいです。

しかし、

介護付き老人ホームは、症状が重い人が行くべきところであって、

比較的、元気な人が行くと、退屈で仕方がないそうです。

また、自分には必要のないサービスがたくさんついている場合(つける場合)があり、

1時間おきに部屋に入ってくるなど、落ち着くことができないということもあるそうです。

つまり、大切なのは、

『 いま一番、自分にあった老人ホームを選ぶ』

ということだそうです。

そのためには、値段や場所、どういうところかを、

元気なうちに知っていること

が大切だといいます。

また、

老人ホームは病院と同じで、

認知症が得意

少し元気な人が得意

寝たきりの人が得意など

職員にも得意不得意があるそうです。

状況に合わせて移り住み、

同じような生活タイプの人たちが

住んでいるところに住む

ということが良い老人ホームの選び方だそうです。

医療対応について、

24時間、看護師が老人ホーム

にいるという施設があるそうですが、

メリットはない

とのことです。

夜中に施術が必要な人は病院に行くべきですし、

このような施設は、

圧倒的に派遣の看護師が多い

つまり、

1日限りの看護師なので、日常の様子がわからず、

何もできない

というのが、現場で起きているようです。

よい老人ホームを選ぶコツ

も教えてくれました。

選ぶ好みは千差万別なので、

①口コミはあてにならない

→ 老人ホームの口コミは、一つの面しか見ずに書いている場合が多い。

②必ず自分の目で確認する

③最寄りの駅からタクシーを使っていく

→駅前で老人ホームの名前を言ってタクシーの運転手の反応を見るということ。

「はい、わかりました」と言われたら、多くの人がひっきりなしに行く、いい老人ホーム

「わからない」と言われたらあまり行かない人気のない老人ホームという感じで。

また、タクシーの運転手に評判を聞いてそれを参考にするのもいいのではとのことです。

老人ホームは、急いで探しても、いいことはない

備えあれば憂いなし。

普段から老人ホームのことが分かるように調べておくことが重要です。

詳しくは「民間介護施設紹介センター『みんかい』」にお問い合わせください。

フォローと拡散 よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です