早死にしても長生きしても後悔しない 必勝‼終活塾

必勝終活塾

一週間に一冊は本を読む!ということで、

今週は

早死にしても長生きしても後悔しない 必勝‼終活塾を読みました!

著者は、高橋泰源さんです。

へ~っと思った情報をお伝えします。

この本の著者はお寺の僧侶&ファイナンシャルプランナーという、資格を持った方のため、

お墓に関するお金ってことに関して学ぶことが多かったです。

現在、

日本の住宅の10分の1が空き家

となっているそうです。

「空き家なら、ゆずってほしい!!」

と思うところですが、

僕も含め、

田舎に祖父母の家で住んでいない家がたくさんあります。

何年か前に、

四国の今治で脱走して逃げ回った男がいました。

彼が隠れていたのも、

空き家でした。

1週間以上空き家などを転々として逃げ回り、

海を泳いで渡って、広島で確保されたのですが。。

2022年問題

というのがあって、

2022年には、東京都内の「生産緑地」という

税制で優遇されていた土地がどばーっと売りに出されて

地価が大暴落する

ということなんです。

その「生産緑地」ですが、

東京ドーム2000~3000個分

もあるんですって。

つまり、都内でも地価が大暴落するのだから、

地方の田舎の地価はもう売れないですよね。

大損しないためにも、

売れる土地は、今のうちに速やかに売るほうが正しいと。

さらに、

田舎の空き家のそばに

お墓があるって家庭も多いかと思います。

墓じまいをして、

都内に持ってくるか永代供養にするかって話になるんですけど、

もし、近所にお墓を移動する場合、

住職の人柄がすごく大切なんだそうです。

特に問題となっているのが、

離檀料。

お墓を離れる際にいままでのお寺さんに払うべき金額は、

10万円~30万円だそうです。しかし、

100万円も取られることも。

近所にお墓を移動するときには、

きちんと、

住職はどんな人かを見極めないといけません。

しかし、一回、会ったぐらいでは、住職の人柄なんてわかりません。

そこで、大切なのは、

信頼できる住職 見極めの極意「さしすせそ」

「さ」作務衣

きれいな作務衣を着ている人は仕事をしていない可能性あり。ブランド物の作務衣などもってのほか

「し」車庫

住職の駐車スペースにベンツやBMWなんかの高級車がないか

「す」寿司桶

玄関によく寿司桶が置いてある寺は自分たちの食費を経費で落としている可能性大

「せ」接客

「その宗派の協議は?」と聞きましょう。さっと答えられない住職はやばいらしい

「そ」剃り込み

昔やんちゃしていた可能性あり。つまり、短気な方が多いとか。。50代の方に多いそうです。

「そ」はもう1つあって、

「そ」卒塔婆

墓石の後ろに建てられている、ご先祖様を供養するお札なんですけど、マジックで書いていたり、プリンターで印刷している。ふつうは墨で書くものですと。

住職を見極める「さ・し・す・せ・そ」いろんな、さしすせそ、あるんですね。

この機会に、お墓のことを考えていきたいです。

フォローと拡散 よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です