僕たちが『終活ビデオ』をお届けする理由

終活ビデオ クルブス   ~CLOSING OF LIFE Video~

4歳の娘が、急に家の中を走り回ったり、筋トレまがいの腹筋をし出したので、「妻にどうしたの?」って聞いたら「コロナで運動不足になって、ぽっちゃり女性芸人になりたくないんだって」と言われ、女性は子供のころから大変だなと思いました。

今日は、終活ビデオを制作することにした、理由とメリットに関して少しお話します。

そもそも、テレビのディレクター一筋で、ずっと番組を作り続けてきたのですが、

去年の末に、自分のかけ持っていた番組の意向でその番組を辞めることとなったんです。(※特に問題は起こしていないです。)

『取材で正しい情報を皆さんにお届けする。』ってことは、とても必要なことですし、「社会貢献」にはなっていると思います。

その後、色々とテレビディレクターのオファーはいただいたのですが、

「せっかくだったら、自分たちで何か、新しいことをしたい!」

「いま、以上に社会貢献をしたい!」

「自分の技術、VTR制作でもっと、人のためにたちたい!」っていうことから、利益を度外視して、今回のプロジェクトを立ち上げました。

この『終活ビデオ』っていうのは、

①VTRになったその人のためにもなりますし、

②いつも一緒にいる配偶者が知らなかった意外な一面を知ることができる機会にもなります。

③子供や孫、さらには、まだ生まれていない子孫たちが自分をたどるルーツにもなります。(やっぱり、自分はどんな人間なのかって気になりますので。)

④友人や知人も、実はこんな人だったんだって、改めてVTRになった人の好さに気づくこともできるでしょう。

他にも、

⑤VTRになる人が話することで、その人の心の整理もできます。

⑥アルバムなどを探す過程では、家族のコミュニケーションの場が生まれます。

⑦しかも、テレビのクオリティで作ってもらえる。

⑧喜寿や米寿などの記念日なんかのプレゼントや想い出にもなります。

この『終活VTR』を制作することで、意外に多くの人々が笑顔になれる機会が発生していく素晴らしいプロジェクトなんですね。

ここからは、業務連絡&宿題です。

この『終活ビデオ クルブス ~CLOSING OF LIFE Video~』に、終活ビデオ制作を依頼するメリット、理由ってどんなことがあるでしょうか?

僕なりに考えたのは、

①テレビ番組を15年以上作り続けてきたスタッフが3回以上お宅に訪問して取材。

②テレビで活躍する、現役の編集スタッフが編集。

③NHKなどでナレーションを務めたナレーターがナレーションを吹き込む。

④数々のテレビ番組で活躍する現役の音響効果の担当者が心を込めて音を入れ

込む。

⑤昭和13年創業の木工会社の職人が、1つ1つ丁寧に心を込めて作った桐の

箱で包装してお渡しする。

⑥誰が見てもわかるように、インタビューの言葉を全て字幕で表示。

⑦手を込んで制作するため1か月の受付は4件まで。

⑧話すことが苦手な方でも、過ごしてきた人生が誰にでも分かるように構成する。

⑨アンケートを書くのが面倒だと感じる方は、ディレクターが丁寧に寄り添ってお話を聞き、アンケートを完成させます。

サービス内容を増やすのもOKです!

水曜日の夜までが締め切りで~す!さーみんなで考えよう!

―――――――――――――――――――――――――――――――

終活ビデオ クルブス~CLOSING OF LIFE Video~

https://syukatsu-video.com/

PS:『狛江市マップアプリ』製作にご協力いただけそうな方。

   また、「ちょっと寄付してもいいよ」という方、ご連絡くださ~い!

フォローと拡散 よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です