人生のVSOP

和泉多摩川駅前

最近、メモ用で、LINEアプリ内に『メモ』というグループを作ったのですが、全然利用せず、メモはもっぱら、エバーノートを使っており、新しいことになかなか馴染めずこれではいかんと、自分に喝を入れています。

「キャリアのVSOP」という、ものを初めて知りました。

ググってみると、人生の中で、20代から50代までの間に意識したいことを示しているようです。

V(20代)―バラエティ(多様性)

S(30代)―スペシャリティ(専門性)

O(40代)―オリジナリティ(独自性)

P(50代)―パーソナリティ(人間性)

ということだそうです。

『自立人間のすすめ―VSOP人材論』という本の中で紹介されているそうです。

VSOPを自分の人生に当てはめると、

20代は、数々の仕事をしました。派遣のバイトを通して製本作業やパチンコの代を解体する仕事、CDや洋服の卸売業者でのピッキング作業、麺工場でひたすらのりを入れたり、麺をほぐしたりする作業、ドラッグストア、マクドナルド、スーパーの店員。デパ地下の販売員・・・、おそらく30以上の職種となる仕事をしたのではないかと思います。その中で、自分の型にはまったのが、テレビ制作現場でした。

30代は、テレビ制作に磨きをかけるため、ディレクターとして専門性を磨いてきました。

そして、今年、9月で40歳を迎えるにあたり、さらなる挑戦として、オリジナリティを意識した人生を歩むことになっていきそうです。

『りんたろードットコム』という会社を立ち上げようと思うのですが、とにかく、自分の経験をもとにして、自分がやりたいことをやっていき、少しでも社会に役立つ活動をしたいなと思っています。

『人生のVSOP』年代別に意識していくこと、実現していくこと。

なんか、孫正義さんも似たようなことを言っていたなと思い出しました。

20代 名乗りを上げ

30代 軍資金を最低でも1000億ため

40代 ひと勝負し

50代 事業を完成させ

60代 事業を後継者に引き継ぐ

孫正義さんが、『人生50年計画』と呼ばれ19歳の時に考えたものです。

実際に、ぶれずに、この通りに進んでいて素晴らしいなと思います。

僕の軍資金は1000億ないですが、『VSOP』を意識しつつ、いい人生を送れたらいいなと思いました。

フォローと拡散 よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です