やる理由とやらない理由は同じ。だったら、やってみよう!

今朝は、4時起きで早く起きたので午前中に仕事が一通り終わり1日が倍になったと嬉しく思っている、終活ビデオクルブス代表の林太郎です。

「予祝」って知ってますか?

僕は初めてこの単語を聞きました。

ある事柄をやるって決めたら、有無を言わさず、「もうできちゃった、おめでとう㊗️」ってあらかじめ、祝う事なんですね。

そうすると、不思議とできちゃうんですって。

なので、さっそく、今日の昼ごはんは、赤飯おにぎりを買って「お客さん500人達成!」って祝ってみました。

色々なことを行うにあたり、様々な弊害があります。その中でもよくあるのが、やらない理由を探すこと。「今までに誰もやったことがないからやらない」「誰もやったことがないから大変かも」というような感じで。

でも、これは、捉え方一つなんですよね。

実は、やらない理由は、やってみる理由と同じなんですね。

「今までに誰もやったことがないからやってみよう。」「誰もやったことがないから大変そうだけどできるかも」

なので、やらない理由探しよりもやる理由を積極的に前向きに考えながら、実験感覚で楽しんで挑戦して行きます!

あと、もう一つ、

「〇〇と思います」ってよく使うと思います。

でも、そうと決めたことについては、「〇〇と思います」って言うとその後に「思いますだから断定的ではないので、決心が鈍るんですよね。例えば「早起きしたいと思います」これだとダメで、早起きするんだから「早起きします」って表現しないといけないんですね。

今まで、どれだけ「思います」をいいように使ってきたか、もう、一種の癖になってしまったような感じで「思います」って使ってました。

ですので、自分の感想を述べる時以外は「思います」を禁止にします!

以上です。

あと、皆さんの知り合いで「自分史をVTRで残したい!!」っていう人がいましたら、ぜひ、ご連絡ください!

それでは、素敵な一日をお過ごしください。

終活ビデオ クルブス 代表の林太郎でした。

フォローと拡散 よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です