ガンプラ劇 作ります

皆さん、こんにちは。テレビのディレクターをしたり、自分史VTRを作ったり、個人や企業のブランディングをしたりしている林太郎です。

1年ほど前に本田健さんの『ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣』という本を買ってすごくいい本だったので、近所の高校生にあげたんですね。

あれから、ずっと、読み直したいと思っていたのですが、ついに、アマゾンで買い直しました。

で、読み直していくとこう言った内容の事が書かれていました。

小タイトルは「自分を知り、大好きなことをやる。」

大金持ちのゲラーさんは、学生時代の若き本田健さんに以下のようなことを言いました。

「その人が生まれてきた使命に気づき、それを生きることだけだと思う。自分の好きなことを小学生以来やっていない君のような人間には、さっぱりわからない。」

その後、このような話をしました。

①好きなことをやってお金になる人生→最高の人生

②好きなことををやってお金がない→好きなことをやれているので結構幸せ

③嫌いなことをやってお金がある→お金があるけど嫌いなことをやっているので、少し不幸

④嫌いなことをやってお金がない→これは最低の人生

ここで、気づかされました。

「自分が小さかった頃に大好きなことは何なのか。もしかしたら、その中に世の中に貢献できる事があるかも」って。

自分の小学校時代のことを思い出してみると・・・

小学1年からサッカーをやっていましたが、近所付き合いのようなもので、正直、スポーツは好きではありませんでした。

家では、ファミコンゲームばかりやってました。

ファミコン、今ですと任天堂SwitchとかPS4とかにあたると思うのですが、ちょっと、今ではやる気が起きないんですね。正直あまり得意ではなかったですし・・・。

そんな中、思い出したのが、ガンプラでした。

当時、元祖SDガンダムっていうガンダムキャラクターが2頭身でプラモデルになっているプラモデルがあったんですね。

腕や足、剣などの装備品などが取り外し可能で、様々なキャラクターを作って遊んでました。

友達4人ぐらいで、友達の家に集まって、ひたすらガンダムごっこをやる。家の中をフィールド(舞台)に見立てて、縦横無尽に戦いまくるんですね。

3人が味方役、1人が敵役のような感じで、戦ってました。

階段を使って険しい山道を表現したり、押入を使って洞窟を表現したり、

とにかく、学校が終わったらすぐに友達の家に集まって夜遅くなるまで、ひたすらガンダムごっこをして遊んでいました。

当時、ミニ四駆とかも流行ったんですが、我々は、SDガンダムごっこでしたね。本当に好きだったんだともいます。

ということで、

ガンダムの劇を作ろうと思います。

よく、YouTubeで、りかちゃん人形ごっこを配信しているノリです。

あれ、すごく子供たちがみてるんですよね。

きっと、ガンダムも需要があるのではと思います。

YouTubeの投稿とかもあまりやった事がないので、自分への勉強にもなりますしね。

また、著作権が気になりますが、

どうやら、私的利用という形であれば著作権に引っかからないようなので、広告は付けずにアップします。

という事で、昨日、ガンダムを買いました。

元祖SDガンダムは、もう作られていないのでガンプラを購入しました。

憧れのガンプラ。これも、初めて作ることになるのでワクワクしています。

YouTubeではガンダム劇だけでなく、ガンプラを作る過程とか、劇の構成を作る過程とかも配信していこうと思います。

また、小学校5年生6年生のときは、マンガなんかを描いていました。マンガが好きでした。追々、マンガにも挑戦してみたいとおもいます。

皆さんも、ステイホーム中ですが、ワクワクした毎日をお送りください。林太郎でした。

フォローと拡散 よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です